院長

実業団に所属する長距離ランナーとして過ごしていたころはトレーニングの毎日の中で、体のケアは欠かせないものでした。

筋肉の疲労を回復すること・故障を回復させることが選手にとって治療の主な意味合いとなりますが、最も大切なことは故障をしない身体をつくることと考えています。

 

スタートからゴールまで速く移動するだけの単純な競技ですが、その中には前に進むための機能を最大限に発揮するためにやるべきこと考えることが多く、必要な知識を貪欲に吸収しました。それぞれの選手が栄養であったり、練習メニューといったトレーニング方法を突き詰めていき、最適で効率のよい競技生活パターンを見出していくのは当然として、私の場合は主に体のバランス、特性を知ることから自分の動きや特徴を最大限に生かすための知識を学び競技に活かすことを大切にしていました。

残念ながら競技者としては一流と呼べるほどには至りませんでしたが

その時に体のケアをしていただいた治療院の先生・スタッフの方々に、引退後は治療家になるべく指導を受け その治療理念を軸に大切に自分なりに育み、開院に至っています。

 

カイロプラクティックで名のあるその先生からはバランス崩れ(左右・前後・ねじれなど)から個々の特性を読み、そこから経絡の概念に溶け込ませ、姿勢やフォーム、筋・腱・関節から五臓六腑に至るまで弱点を認識して補うことで全体のバランスを立て直し潜在的な能力を活かすことを大切に施術をしていました。あらゆる知識を習得し自分のものにしていきながら施術効果をひたすら向上するための先生の努力・姿には感服したものです。

 

私も信頼される施術を目指し日々の治療に専念し、その傍ら子供たちに走ることを指導するうえで私自身も学ぶことが多く、常にお互いが成長していきたいと考えています。