2ー不調をなくすためには

施術の役割には2通りあります。

 

一つ目は不調を解消すること

二つ目は不調が起きにくくすること です。

 

続いて、 ”不調(痛み)を起きにくくすること” についてです。

 

 

 

呼吸・心拍・重心・体軸 ― これらを整えること

 

・呼吸を深くすることで重心が下がり安定します。

 

・呼吸・心拍は一息四拍が理想となり身体と呼吸が整えば心拍もゆっくり大きくなります。

 

・重心が下がることで身体の軸がつくりやすくなります。

 

 

身体の ”不具合(痛み)を起きにくくすること” には 

 

施術の手順としてー

 

五臓六腑を整え

 

重心を安定させ

 

深い呼吸に導き

 

体軸を意識した身体の使い方を指導する

 

ー これが身体を整える流れとなります。

 

心が乱れにくく、不調の少ない 安定した身体に導くことが施術の大切な役割です。

 

体軸をつくることが身体の安定を引き起こし、深い呼吸と精神と心の安定を導くものと考え

 

患者様に寄り添いながら施術していきたいと考えています。