診断法

 

らくな の診断は

 

・手首の脈を読む脈診

・腹部の張りや湿感・熱感を診る腹診

・特定の経穴(ツボ)反応から経絡の虚実

         などから まず診ていきます

 

 

これらは東洋医学の概念・陰陽五行論に準じて

身体の中で起こっている問題を主に確認しています。

 

 

 

          20210512_183926 (2).jpg

      

 

 

つぎに

 

・身体を支える背骨一つひとつの圧痛やズレ・可動性

・背骨まわりの筋肉などの張り

・骨盤のゆがみ

・左右脚の長短の変化をみるディアフィールド検査 など

 

 

 

カイロプラクティック・整体術の検査から

身体を 重力にあらがう構造物と見立て

 

歪みとその影響を 身体の内部の問題と照らし合わせて

問題を確認していきます

 

 

 

 

         20210512_184854 (2).jpg

 

 

 

 

 

さらに必要に応じて脳脊髄液の流動を読む頭蓋仙骨療法

最終的な確認としてO-リングテストなどもおこないます

 

 

   

        脳脊髄液.jpg       

    脳脊髄液のながれは体内の細胞活動リズムと同調しており

    免疫・治癒・活動力・そして精神状態にも関わります

 

 

 

 

このように

①五臓六腑:身体の内部の問題

②力学的問題:構造物としての重心のズレ・歪み

 

 

これら ① ② は別々の問題ではなく

お互いに複雑に絡み合って起こりうる 身体に及ぼす影響を

 

 

多角的な診断法を行うことで術者の先入観を取り除き、

患者様の体質や不調の原因を正確に読み取ることに時間をかけています

 

 

 

 構造熱量.jpg

 

 

 

 

  施術は診断で効果がほぼ決まります。  

 

 

 

”多角的で正確に” モットーに

 

感性を磨き患者様に向き合っています。